人間医学社は大阪駅、梅田駅の徒歩すぐの所にある健康食品の販売店です。お気軽にお立ち寄りください!

06-6372-0441
受付時間:9:00〜18:30 ※日祝のぞく
form

毎月開催!「中庸会」

人間医学社では毎月1回、中庸会を開催しております。
会場は毎月、梅田のAP大阪梅田茶屋町で開催しております。
中庸会では健康に関しての話を三部構成でご紹介。
第一部は社長が第二部は会長が担当し、第三部はゲストの講師をお招きして、毎月違ったテーマで講演していただいております。 会員の方に限らず、一般の方々も、健康に関する話に興味をお持ちの方の参加をお待ちしています。
参加費は500円(梅田会場)です。

2月 健康講演会「中庸会」ご案内

日時 2月8日(金曜日)午後1時~4時半
場所 AP大阪梅田茶屋町
(大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8階)
電話 06-6374-1109
会費 500円(どなたでもご参加いただけます)
講師と演題(順不同) 猪股 恵喜先生/「食べ物は丸ごと食べなアカンよ!—生命情報を食べる」
大浦 純孝会長/「気管支喘息」
大浦 荘一社長/「症例報告(31)」
備考  猪股先生は昭和27年、熊本県のお生まれ。20〜30代は創作人形作家として「アトリエ人形じしゃく」を主宰。その後、娘さんのアトピー性皮膚炎を機に、自然食で治そうと思い立たれ、試行錯誤を重ねながら最終的に野生種の黒色食品と小松菜等のジュースで治される。平成13年に野生種の古代食普及を目指して「㈲1000年前の食品舎」を設立、現在、代表取締役舎長。「くうふく自然良法普及会」も主宰。  私たちは動植物の命を丸ごといただくことで生かされています。今月は、一物全体食や同物同治の考え、食材丸ごと用いて作られた「古代食くろご」や「ペプチドだし」などについてお話しいただきます。