人間医学社は大阪駅、梅田駅の徒歩すぐの所にある健康食品の販売店です。お気軽にお立ち寄りください!

06-6372-0441
受付時間:9:00〜18:30 ※日祝のぞく
form

子宝相談

悩む前に、あきらめる前にできること

赤ちゃんを望んでいるのに妊娠しないのは、大変つらいことです。
一般に、現代医学における不妊治療は、人工授精、体外受精、顕微授精に代表されますが、そうした不妊治療とともに妊娠を可能にするような体調の調整や体づくりが大切だと思っています。
そして、それには現代医学だけでなく、体と心にやさしい自然療法や漢方などを取り入れて、あらゆる面からサポートすることが望ましいと考えています。

「冷え」と「低体温」を改善しよう

赤ちゃんを授かるのに冷えは大敵です。
子宮や卵巣のある下半身は、冷えの影響を受けやすくなっています。
子宮や卵巣が冷えてしまうと、月経痛、月経不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などを引き起こす原因にもなりますし、受精卵が着床しにくくなることも考えられます。
また、東洋医学では、冷えは血流が悪いと捉えます。
血液には、体のエネルギーの元となる栄養素や酵素、体の調子を整えるホルモンなどが含まれていますから、
これらがうまく体全体に運ばれなければ、卵巣機能や黄体機能の低下を招くことになります。

冷えにはいわゆる「冷え症」と「低体温」があります。
冷え症は体の表面の一部が冷たくなるなるもので、自覚しやすいですが、低体温は体の内部の全体的な冷えで自覚しにくいです。
入浴はシャワーだけですまさずに、湯船につかって体を温める。冷たいものを摂りすぎない。適度な運動をする。
など、日常生活でも冷えを改善する生活を心がけましょう。

良質の卵子を育てるために

良質の卵子を育てるためには、低温期の過ごし方が大事です。
低温期は、卵巣の中で卵胞・卵子がすくすく育つ時期です。
この時期に栄養を充分に摂らず、睡眠不足が続くとどうなるでしょう?

身体に酸素や栄養を運び、老廃物を排出する血液が卵巣へ十分、運ばれなくなり卵巣は疲れてしまいます。

低温期には、十分な栄養を摂り、栄養いっぱいの血液を卵巣へ送りましょう。
また、睡眠をしっかりとり、就寝中にホルモンを十分に分泌できる身体になりましょう。
血液循環を良くするためにも、冷やさない「食事・生活習慣」が大事です。

卵巣を元気にする養生法

食生活の養生

卵巣を元気にし、質の良い卵子を作るには、卵巣へたくさんの血液を送ることが大切です。
そのためには、低温期の食事が最も大切で、良質のたんぱく質と鉄分の多い食事を充分に摂ることです。

良質のたんぱく質と鉄分が女性の方のほとんどで不足しています。
私たちは食事でエネルギーを補います。
朝は、起床した時の低い体温をスムーズに上昇させなければなりませんので、朝食を摂ることは重要です。

「忙しくて、朝は食べない」という方も多いですが、身体が温まっていない朝にエネルギーを摂らずに活動することは、身体を無理させることになり、よくありません。
朝はたんぱく質や鉄分の多い食事がオススメです。
納豆、卵、焼き魚といった食材に、具だくさんの味噌汁があれば、理想的な朝食です。
朝にパンや生野菜、ヨーグルト、冷たい牛乳など身体の冷える食べ物は摂らないことが大切です。

睡眠に対する養生

現在、不妊で悩んでおられる女性の割合は、10人に2人といわれています。
しかし、昔は今ほど不妊で悩む女性は多くありませんでした。不妊で悩む女性が増えた原因の一つに、就寝時間が遅くなったことがいわれています。

卵胞や卵子を育てるためのホルモンが分泌されるのは夜の11時から深夜2時ぐらいまでといわれています。
排卵も夜に起こることが多いといわれています。

夜遅くまで起きていると、エネルギーや血液を消耗してしまうので、立派な卵巣や卵子を育てることができません。
できれば、11時までには、就寝したいものです。遅くとも12時までには寝るように心がけましょう。
睡眠不足があると発育中の卵子の細胞に損傷が起きやすいといわれています。

邵氏温灸器(医療機器)

邵氏温灸器(医療機器)
モグサを炭化させて煙が出ないようにした固体に松節エキスとシナモンエキスを 加えた温灸剤です。
身体を温める効果が一層期待できます。
ご家庭で気軽にできるお灸で、跡もつかず、匂いもほとんどありません。